向き不向き

一般的に学習塾と呼ばれるところには、集団指導タイプと個別指導タイプという2つのタイプに分けることが出来ます。
また、塾とは違い家庭でマンツーマンでの指導をする家庭教師も一つの選択肢と言えるでしょう。
これらにはそれぞれにメリットとデメリットがあるため、選ぶ際には向き不向きを考えて選ぶということが必要です。

たとえば、集団指導塾の場合、予め学力が一定以上ある人に向いています。
授業についていく力があり、その上でさらに上を目指すために活用することが出来るでしょう。
また、個別指導塾の場合は、あまり学力が高めではないけれども、全体的に学力の底上げをしたいなどという場合に向いています。
すべてが分かる、すべてが分からない、という場合ではなく、一部分が分からないという時に便利なタイプの学習塾です。
これらに対して、家庭教師の場合は著しく学力が低いような場合には大きな力を発揮します。
学校の授業ですらあまりついていけないような場合は、基礎からマンツーマンでの指導が効果的なのです。

このような向き不向きに当てはまらない場合もありますが、塾選びに迷った際には参考にしてもいいかもしれません。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930